すみれ色の鈴

ゲームやアニメやエロゲの感想をテキトーに書いていきます。

スポンサーサイト

-- --/--
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スズノネセブン! -Sweet Lovers’ Concerto-」クリア感想

2010 08/22
エロゲ
「スズノネセブン!」をクリアしてから半年後、やっとこのファンディスクをやり始めたわけですが、

いやーやっぱり良いわ、スズノネセブン!


この作品相変わらずですが、キャラが可愛いかったです。
無印でメインヒロインであった4人はもちろん、今回新たに攻略できる4人も良いです。

で、特に可愛いのが「すみれ」ですね「すみれ」。
前回でも一番好きだったこのヒロインですが、可愛すぎるだろ!いやマジで。

主人公にやきもち妬く姿ももちろん可愛いし、普段の腹黒さもいい味出してます。
さすが人気投票1位の名は伊達じゃなかったです。
今回のFDをやってもすみれが一番可愛いという事実は揺るがなかったw
すみれかわいいよすみれ

またキャラが良いと言いましたが、これを引き立てているのがなんといっても主人公の幸村ですね。
まあ頭のよく回るいい主人公です。みんなのボケに対するツッコミ役なのでこのキャラがいないとこの物語は成り立ちませんね。
あとどうやらドSの素質がある(by桃子さん)らしいので、普段だけじゃなくHシーンでもそのSの力を発揮します。
っていうか無印の時からそうだったけどヒロインたちHシーンになったら人格変わりすぎw
かなり積極的に乱れていきますねw

本当にこの作品はしっかりとFDになってたのが良かったですね。
キャラはしっかりしてるしシナリオも……えっ、シナリオ? シナリオなんかあったっk(ry



ってことでここからちょっと真面目にシナリオの話を。(ネタバレなし)

えーはっきり言ってシナリオはかなり適当に感じましたw
仁乃・柚子里・美奈都・すみれは恋人になってからのアフターストーリー、つまりただのイチャラブを描いているだけなのでいいんですが、新規攻略キャラの4人にはルートの質に差がありましたね。

莉里と要のルートはまあ良かったです。特に違和感のようなものも感じませんでした。
まあ莉里の声に関しては違和感だらけでしたが……w

静穂ルートですがこれがけっこう酷かったですね。
主人公がちょっと頭悪い感じになってたし、スズノネセブン同士の友情を無理やり描いていた感じがしました。

また桃子ルートは変わった展開を狙いすぎて失敗していましたね。
流石にご都合主義すぎるでしょ、あれは……。

しかし、どのルートにおいても結局はキャラクターの可愛さに救われていましたね。
不快なキャラがいないというのはそれだけでプラス要素になりますね。

兎にも角にも「スズノネセブン!」が好きだった人には十分楽しめるFDではあったんじゃないでしょうか。
ボリューム自体も薄っぺらいわけではないですしね。
私自身も満足できたので良かったです。今度、クロシェットの他の作品もやってみようかな……。



スズノネセブン! -SweetLovers' Concerto-スズノネセブン! -SweetLovers' Concerto-
(2009/11/27)
Windows

商品詳細を見る


スポンサーサイト

また積みゲーが増えるのか…?

2010 08/18
未分類
今日、注文していたエロゲが届きました。

今回買ったのは「アンバークォーツ ~Amber Quartz~」と「スズノネセブン! -Sweet Lovers’ Concerto-」です。

「アンバークオーツ」の方はこの前やった「レコンキスタ」がかなりよかったので同じメーカーの作品であるこれをやってみようかなと思って買いました。値段の方も2000円以下で安かったし。

「スズノネセブン! -Sweet Lovers’ Concerto-」の方は「スズノネセブン!」のファンディスクですね。
スズノネ無印の方をやったのが半年前で結構良かったのでFD買おうとは思ってたんですが、結局今になってやっと買いました。
こっちはもうこの記事書いてる時点で仁乃と莉里のルートは終わってます。
とりあえずこっちの方を先に攻略しようかな、と。

で、「ぶらばん!」と「夏空カナタ」は積むことになりましたw
いや、いつかはクリアしたいとは思ってるんですけどね…w
ゆずソフトはちょっと合わないのかなー、うーん。

あと「るい智」もFD発売までに攻略するかは微妙。
8月9月はちょっと出費を抑えようかと思ってるんでFD買わないかもしれないですね。

10月には「キサラギ」と「恋チョコ」が控えてるしできるだけお金は貯める方向でいきたいです。

「黄昏のシンセミア」クリア感想

2010 08/07
エロゲ
なんというか隙のない作品でした。
登場人物が上手く作品を引き立てているし、シナリオも感動を誘う要素が随所に散りばめられていました。

その中でもやはり後世に語り継がれるであろう妹キャラ「さくや」の存在は大きかったと思いますね。
「さくやゲー」と呼ばれる理由も分かります。

でも私は銀子さんが一番好きです。

↓以下おもいっきりネタバレ↓


黄昏のシンセミア 初回限定版黄昏のシンセミア 初回限定版
(2010/07/22)
Windows

商品詳細を見る



この作品の一番良い所は欠点がほとんどなかったこと。
天女の伝説を中心に青い石の謎や山童(やまわろ)という怪物についてなど、さまざまな要素について上手くまとめた作品だなと思いました。

シナリオに関しては伝奇要素のある話だったので完全にツボでした。
最近なんか流行ってるっぽいですよね、伝奇モノ。
普通のエンドだけではなくバットエンドにもシナリオを理解するための話が入っているので、全フローチャートを埋めることは必須ですね。

キャラクターはさくやを筆頭に全員可愛いです。
もう1度言いますが全員可愛いです。
本当に不快と感じるキャラがいないのは良かった。
それは主人公も含めてで、考えて行動できる良い主人公だったと感じました。
このライターさんキャラクターを描くのがかなり上手いなーと思いましたね。

またサブキャラクターも攻略できるのがいいですね。
っていうか人気投票で3位に朱音さんが入ってるのにビックリしたw
朱音さん可愛いもんね、仕方ないね。

BGMもかなり全体を良くさせていた要素の一つですね。
主題歌は佐藤ひろ美さんの「夏のファンタジア」でこれもかなり良かったです。
サントラが9月22日に発売らしいですが確実に買いますね。

ただこれだけ褒めているんですが、少し残念な所もあります。
それは中盤に少しだれたところと、説明がよくわからないところがあったことです。

前者はそのまんま中盤がだるかったということ。
この作品は各ルートにいってもそれなりに他のキャラとの絡みがあるんだけど、それがけっこう多かった。
もうちょっと削って展開を早くできたんじゃないかと感じました。

後者は青い石や赤い石のところの説明がいまいち理解できなかったこと。
その機能について例えを使ってしっかり説明してる感じなんだけど、なんかよくわからなかった。
なんとなく言ってることはわかってるんだけど、「ん?」と思うことがあったと言った方がいいかもしれません。
これは私が理解できなかったってだけかもしれないですけどねw

あと最後のエピソードよりも各ルートの話の方が感動したっていうのもなんかアレでしたね。
最後の部分はちょっと拍子抜けだったかな?

まあでも本当に良作でした。今年でも屈指の出来ではないでしょうか。
というか今年買ったのがことごとく微妙だったのでやっと良い作品に出会えたなって感じですw

そして、最後に言わせて下さい。

銀子さんマジ天女

「ゴスデリ -GOTHIC DELUSION-」クリア感想

2010 08/01
エロゲ
ゴスデリクリアしました!
面白くなかったと言えば嘘になるけどけっこう不満点がある作品でした。

↓以下ネタバレ↓


ゴスデリ 初回版ゴスデリ 初回版
(2010/07/23)
Windows

商品詳細を見る



いやーなんというかとりあえず言いたいのはシナリオ短っ!ってことです。
6時間ぐらいで終わりますからねー、フルプライスなのにこの短さは……と思いました。
楽しくてプレイ時間短く感じたぜ!とか言えればよかったんだけどね……。

でも内容的には感動できる所もあって魅力的な作品ではあります。
山椒は小粒でもピリリと辛いというのか、短くても一つ一つのエピソードに力入れてるのは分かりました。
逆に言うと感動できるエピソードだけぎゅっとまとめてるので、だらだらした日常というものが全く無かったです。
もうちょっと日常の部分を描いてもよかったんじゃないかと思います。

最後の方はキャラがいきなりパッと出てきて
「実は○○だったんだ!」「な、なんだってー!」
って感じになって退場していくので、こっちとしてはあまり感情移入はできなかったですね。

私は厨二バトル物として期待してたんですけどバトルシーンもあまりなかったのも残念です。(といってもこの短さなので仕方ないですが)

キャラの中では遥と八宵が好きです。
遥はなんというか地を出した時の豹変ぶりが好きです。ギャップ萌えってやつですねw
八宵は最初ツンとしてたたけど、中盤から思いっきりデレるのがいいですね。
「私だって先生のこと好きなんだからぁ!!」にはマジで萌えた。
……いや、あの……ロリコンではないですよ? ただ八宵が好きなだけです(キリッ

あと、レイミアも可愛いんだけどあっさり退場しちゃったからねえ……残念です。

クド……じゃなくてローに関しては本当に純粋な存在として描かれてましたね。
この前に「クドわふたー」やっていたのでクドの印象が残ってるかなと思ってましたが、意外とそんなことはなく「ロー」という一つのキャラクターとして見れました。
私は鈴田美夜子さんってこんな役が多いからあれだけど声優としては上手いと思ってるんですがどうなんですかね?

それと他に主人公は思ったよりヘタレではなかったかな、と。
ちょっとヘタレ主人公という心配をしていたんだけど、失敗からも学んで行動できる、むしろ良い主人公だったと思います。


で、総括としてはこの「ゴスデリ」は悪い作品ではなかったのは確かです、テキスト自体はさくさく読めましたし。
ただシナリオの短さと、明らかに続編を意識した作りは不満に思いました。
またHシーンが本編と別ってことできっとコンシューマー化するんだろうなあ、とは感じましたねw

再三言っているようにシナリオが短いのでちょっと暇なときにささっとクリアできるのでその点ではオススメです。
でも、まあコストパフォーマンスに見合ってないので、もうちょっと安くなってから買った方がいいかもしれませんね……w



Designed by yukihirotsutsumi (template: pink2cL)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © イオン All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。