すみれ色の鈴

ゲームやアニメやエロゲの感想をテキトーに書いていきます。

 次のページ »

スポンサーサイト

-- --/--
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「プリズム◇リコレクション!」体験版感想

2012 11/17
エロゲ体験版
2012年12月21日にクロシェットから発売予定の「プリズム◇リコレクション!」の体験版の感想です。
別名「おっぱい◇リコレクション!」とも言います。
ここのおっぱいはどこまで進化し続けるんでしょうか?
それはともかく、体験版の感想の方へいきます。

体験版をプレイしてみてまず思ったのは、紛うこと無く萌えゲーだということです。
設定がややこしかったりとか、シリアスな雰囲気が作品全体を包んでるとかそういうことはなく、
ただただキャラ同士の掛け合いを楽しむ……そんな作品になっています。
体験版の部分は主人公とメインヒロインやその他キャラクターとの出会いが描かれており、
主人公が☆☆☆部(ほしみっつぶ)という観光案内の部活に入るまでの経緯が分かります。
ここまででは特に主人公の周りで問題が起こってはいないので、本当に日常会話を楽しむだけといった感じでした。
とはいえ、退屈というわけではなく、キャラの可愛さを存分に引き出しているので、そういう意味で「萌えゲー」であるのは確かですね。
ただ、1シーンに対する尺が長すぎて退屈であった場面もありましたが。

えー、次にヒロインに関してですが……ぶっちゃけ全員可愛いですね。
まず、声優さんが素晴らしいラインナップなので、演技に関しては非の打ちどころがないですし、
ヒロイン一人一人のキャラも立ってて良いんではないでしょうか。
その中でも一人選ぶとしたらアイナですかねえ。
銀髪、白髪キャラに外れはないという持論があるんで。
いやでも本当に甲乙付け難いんですよねー。
このかも紗耶香も雛乃もそれぞれ魅力あって可愛いんですよ。
体験版やってない人は是非やっていただいて、この気持ちを分かって頂きたいです。

まあ、キャラについては文句は無いですし、会話シーンも聞いてて楽しいので良いと思います。
後は個別√に入って変なシリアスがなかったらいいなとは思いますが。
12月は「キミへ贈る、ソラの花」を買いますし金があるか分からんのですが、とりあえず買う候補には入れておこうと思います。
最近のクロシェット作品買ってませんしね。

【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中!


スポンサーサイト

「キミへ贈る、ソラの花」体験版感想

2012 11/15
エロゲ体験版
2012年12月21日にCabbitから発売予定の「キミへ贈る、ソラの花」の体験版感想です。
ここは前作の翠の海が良作であったので、非常にこの作品には期待していました。
そして、体験版がダウンロード可能になったということで、さっそくプレイしました。

さて、このお話は主人公、中條柊哉(なかじょうしゅうや)が街であった幽霊、東瀬(あずせ)まつりに誘われて、
人間と幽霊の共存を目指した学園である「私立蘇芳学園」に入学するところから始まります。
そこで生活していく中で、人間と幽霊が共存していくにはどうしたらいいかを、色々な考えを持った者たちと触れ合う中で考えていく物語です。

通常の学園物に「幽霊と学園生活を共にする」というアクセントを加えた感じです。
基本の軸はあくまで『学園物』なので、前作のようなシリアスの成分は薄れていますね。
もちろん、個別ルートに入っていくにしたがって何かしらの問題が起こり、シリアスの度合いが高まる可能性はあります。
しかし、前作で見られた次に何が起こるか分からないというサスペンス的なワクワク感は期待できなさそうです。

シナリオとしても体験版の部分だけ見ればいまいちインパクトがありません。
というか、一日に対するイベントが少なすぎてすごくあっさり話が進んでいってる感じがしました。
あと、キャラ同士の会話がそこまで面白いわけではないというのもあるとは思います。
全体的に平坦で、そう意味でインパクトがないと思います。
まだ導入部なので、実際この先どうなるかは分からないわけですが、
それにしても購買意欲を掻きたてるにはいささか弱いシナリオだと思いました。
それと気になったのは絵、ですかね。
いや、さすがに目デカすぎじゃね?っていう。
慣れてくるとそんなこともないような気がしてきますが、やっぱり他の方の絵と比べると目が大きいですよね。

ともあれ、奏菜ちゃんが可愛いので買います。
天然でほわほわした感じがしながらも実はしっかりしてる。そして、巨乳。
完全にどストライクなヒロインでした。
思わず『奏菜』を読み方「かんな」で辞書登録したぐらい好きです。

やっぱり、可愛いは正義ですね!


Cabbit 第二弾!「キミへ贈る、ソラの花」応援中!

「サナララR」体験版感想

2012 10/01
エロゲ体験版
ねこねこソフトから2012年10月26日に発売予定の「サナララR」の体験版感想です。
「サナララ」という以前ねこねこソフトで発売された作品のリニューアル版ですね。
私自身、サナララをプレイしたいなと思っていて、タイミングよくこの作品のことを知ったので、とりあえず体験版をプレイしてみました。

えーっと、体験版の内容を言いますと、story1の話まるごとでした。
この作品はいくつかの章があって、その中でそれぞれ主人公とヒロインが違うというオムニバス的な作品なのですが、
その中の一つである、のぞみというヒロインが出てくる話を全部体験版に詰め込んでました。
批評空間の体験版感想を見てみると「サナララの話と変わってる感じはしなかった」とのことなので、
サナララやった人は体験版しなくていいんじゃないかなと思います。

私はこのヒロインのお話で満足してしまったところがありますが、たぶん本編も買うと思います。
いやー、のぞみ可愛かったんですよ。CV:夏野こおりだし。
なので期待度は上がっているんですが、果たして同じような設定の中でどれだけいろいろな物語が創れるのか不安ではあります。
まあ、元の作品が評価そこそこ高いみたいだし大丈夫だよね、きっと……。

「終わる世界とバースデイ」体験版感想

2012 06/07
エロゲ体験版
コットンクラスタとしてはやらないわけにはいかなかったので体験版やりました。
内容はと言いますと、


「世界が終わるとかいう予言が広まってるんだけど……」

「予言とかwwwwww嘘乙wwwwww」

後日
「なんか予言者の予言が次々と当たってるらしいよ」

「まじかよ……世界オワタ\(^o^)/ 」

一体どうなってしまうのか!?


っていうお話です。
で、世界が終わるまでの間に主人公たちがどう過ごしていくかというのが軸となります。

体験版やった限りは、世界が終わるのを止めるという感じではなさそうです。
世界が終わるというバッドエンドは確定なんじゃないかと、なんとなくですがそう思います。


テキストは安定のウナトミー。
そんなに小難しい単語は出てきませんし読みやすかったです。
ウナトミーには珍しくギャグの部分で出てくるネタは比較的新しいです。

ヒロインは体験版やった範囲では全員可愛かったです。
一人だけヒロインが出てこなかったような気がしますが全員可愛かったです。
そんな中でも一番期待してるのは柊ちゃんですね。
オタク系ヒロインですが、なかなか可愛かったです。
そして、声優は今話題の桐谷華さん。
「これは人気出るな!」とか思ってましたが、人気投票は順位低いですね。
私はひたすら彼女に投票する作業に入ります。

あとはtexiっていうシステムが意外と面白いですね。
これはmixiのパロみたいなものなんですがヒロインがいろいろ呟いてて面白い。
コットンの過去作のキャラが出てきたりしてるし、他のゲームをプレイしたことがある人はクスッとなるんでは
ないでしょうか。
ちなみに設定で表示しないようにもできるし、攻略には関係ないようなので見なくても問題はないです。


体験版やってみて、この作品はなかなか期待できそうです。
ってことで購入確定ですね。
いや、体験版やらなくても買うつもりだったけどね。
7月はこれぐらいしか買うのは決まってないんですが、お金にも余裕あるし他にも買おうかなと思っています。

そうそう、重要なことを忘れてましたが、



青山ゆかりファンの人は本編に期待しましょう!



ではではー。


コットンソフト「終わる世界とバースデイ」応援バナー

「古色迷宮輪舞曲」体験版感想

2012 05/12
エロゲ体験版
Yatagarasuから2012年5月25日に発売予定の「古色迷宮輪舞曲 ~HISTOIRE DE DESTIN~」の体験版感想です。
推理物のアドベンチャーでかなりの高難易度ということでやってみました。
略称は「古色」でいいんかねこれ。

この作品の全体のイメージとしてはファンタジー要素を含んだ推理物という感じです。
ただ、推理といっても犯人捜しをするようなゲームではないですが。
推理のシステムとしては手に入れたキーワードをキャラに投げて、それの反応によってシナリオが進んでいきます。
しかし、この推理がなかなか骨が折れそうです。
任意でのセーブが不可で、運命ゲージ(キーワードを間違えるとこれが減っていく)っていうのがあるせいで総当たりというのがしにくいです。
まあ結局は分からなかったら何回も試していくしかないんですが、ともすればただのだるいゲームになりそうなのが怖いですね。

キャラクターは複数原画なので絵に差があるのが気になります。
サキと店長の絵は好きですけど、あとのキャラ絵はちょっと微妙かな。
体験版短かったのでキャラの感じはちょっと掴みにくかったですね。

私個人としてはこのゲーム買おうと思っています。
シナリオはどうなるか分からないですが、システムは新鮮だったので楽しめそうだなと思います。
私はこういうゲーム性のあるエロゲをあまりやったことがないというのもありますが。
さっさとシナリオを読み進めていきたい人にはおすすめできなさそうですね。



「紅蓮華」体験版感想

2012 04/21
エロゲ体験版
エスクードから2012年6月29日発売予定の「紅蓮華」の体験版感想です。
ねこにゃん&桐月という至高のコラボ!
個人的に6月で一番期待してる作品です。

シナリオは安定の桐月さんでした。
無駄な展開がほとんどなくさくさくとシナリオが進んでいくのが好印象。
中身は伝記物っぽいですが意外とバトル展開も多くなりそうです。
メインヒロインにはいろいろ謎がありそうで、全員異界化と絡めて話を進めていきそうですね。

キャラクターではメインヒロインだけでなくサブヒロインも気になって非常に良いです。
私はその中でも理奈ちゃんが一番好きです。
サブヒロインなのが惜しまれるところですが攻略できるんだよね?ね?
あとはエウスリーゼ、アリーセの絡みが少なかったですが、その辺含めて本編が楽しみです。

システムの方では桐月さんが関わっているということであっぷりけのフローチャートシステムを継承しています。
フラグ管理がよく分かるのでこういうのは助かりますね。
コンフィグの方は最近のエロゲにあるものは一通り揃っています。
一つ気になったのは非アクティブ時に動作するように設定してもBGMは止まってしまうことですかね。

体験版全体としては演出もテキストも安定していますし、非常に先が気になる作品です。
ということで購入決定ですね。(元々買うつもりだったけど)
6月はポケモンBW2とかアーシャのアトリエとかあるんでエロゲで買うのはこのぐらいかな?


あと、就活終わらせたい!


紅蓮華(ぐれんか) 初回限定版紅蓮華(ぐれんか) 初回限定版
(2012/06/29)
Windows

商品詳細を見る




「はるまで、くるる。」体験版感想

2012 03/25
エロゲ体験版
すみっこソフトから2012年4月27日に発売予定の「はるまで、くるる。」の体験版感想です。
絵は萌えゲーっぽいんですが、シナリオ自体はシリアスを飛び抜けて電波な感じです。

なんか初っ端からヒロインの一人が主人公と他のヒロインと乱交するためにハーレムを作ろうとするという頭おかしいシナリオなんですが、いろいろ仕掛けが配されているみたいで一筋縄ではいかなそうです。
なんか真面目に乱交について議論してるのは非常にシュール。
あと、時間軸通りに物語が進むわけではなく、最初の場面から一旦過去に戻って物語が進んでいく感じでした。
視点移動も多そうだし、分かりにくいお話になりそうです。

絵の方はあまり好みではないですが、キャラはまあ嫌いではないかな。
っていうかヒロイン4人の声優が豪華です。
ピンク=車の人、水色=芹園みや、紫=かわしまりの、金=青葉りんごです。
正直、金髪ツインテでまたりんごかよと思わなくもないですが、そんなに悪くないとも思います。
キャラクター達が過去にいろいろありそうなので、そこが話の焦点になるのかな。

で、買うかどうかなんですが微妙です。
4月はものべの買うのが確定してるんですが、他のを買う余裕があるか分からないので今は保留ですね。
金が欲しいね、金が。


はるまで、くるる。はるまで、くるる。
(2012/04/27)
Windows

商品詳細を見る

「制服天使」体験版感想

2011 12/02
エロゲ体験版
SherbetSoftから12月22日発売予定の「制服天使」の体験版の感想です。
絵に惹かれて体験版をプレイしてみました。

内容としては突然背中に天使の羽根が生えて淫乱になってしまう「天使病」と呼ばれるに病気になったヒロインの詩音を天使狩りから守るために主人公と逃避行するお話です。
体験版ではその逃避行が始まるところまでをプレイできました。
正直なところテキストは同じような言い回しを重ねるところが多くて、話があまり進まない序盤に関しては微妙だなと感じていたのですが、いろいろと話が動き出してからはテンポもよくて期待できるかなとは思いました。

あと、なんといっても絵が好みでかなり可愛いです。
ヒロインが着てる制服のデザインなんかもシンプルでいいですね。
さすがにここは「制服天使」と謳ってるだけあると思います。

この制服天使はロープライスの作品で財布にも優しいので普通に購入すると思います。
シナリオがどうなるかは未知数ですが期待したいと思います。
そうそう、シナリオの方はヒロイン1人で普通のルートと鬼畜ルートに分岐するらしいです。
鬼畜ルートってまた嗜虐心を呼び起こすような名前をつけていますが、こっちのルートをやらないとわからない謎もあるみたいです。
12月はこれと「七つのふしぎの終わるとき」ぐらいしか買わないですが楽しみに待っておきます。


制服天使 初回版制服天使 初回版
(2011/12/22)
Windows

商品詳細を見る

「七つのふしぎの終わるとき」体験版感想

2011 11/23
エロゲ体験版
etudeから12月22日に発売予定の「七つのふしぎの終わるとき」の体験版感想です。
なんというか予想外に面白かったです。
システム周りとか演出とかとにかくクオリティが高いです。
プレイしてて快適だったというのが一番よかったですね。

シナリオは学園の七不思議の真実を追い求めるというSF物の作風です。
先に進むにつれてどうなるんだろうとワクワクさせてくれる作品でした。
ただどういうところに着地していくのかがあまり見えないので、ちゃんと纏めてくれるのか怖いというのもありますが。

キャラクターはヒロインの中ではふみが一番好きですね。
風n・・・・・・じゃなくて真中海さんの声も合ってるし、主人公との絡みも好きでした。
氷子なんかも声優補正でかなり好きなんですが攻略できそうに無いですね。
っていうか氷子もなんかシナリオに絡んできそうな気がするのは私だけでしょうか。

12月は何も買う気が無かったんですが、これだけ買っちゃいそうです。
とか言っていつも買わないんですけど。お金が欲しい。


七つのふしぎの終わるとき 初回限定版七つのふしぎの終わるとき 初回限定版
(2011/12/22)
Windows

商品詳細を見る

「春季限定ポコ・ア・ポコ!」体験版感想

2011 10/26
エロゲ体験版
駄目だ・・・・・・この妹・・・・・・。

ってことで11月25日に発売予定の「春季限定ポコ・ア・ポコ!」体験版の感想です。
ALcotハニカムの作品はやったことないですがシトラス時代のしにきすが好きだったので購入検討しようと思ってプレイしました。

まず目を惹くのがなんといっても主人公の妹の藍ですかね。
実妹ではなく義妹という、逆に最近珍しくなってきた義妹キャラですが、なんだこの駄目っぷり。
ALcotさん最近力入ってますね、妹に対して。
駄妹の名に恥じないキャラクターでした。
まあ私は桜が一番好きなんですけど。
ヘッドホン系ヒロイン可愛い。

シナリオは先が気になる終わり方しやがってこのやろう。
どうなるのか気になるし安心のミドルプライスなので買いますね。

11月は揺り天も買いたいんだけど、ライブ行くし無理っぽくなってきた。


春季限定ポコ・ア・ポコ春季限定ポコ・ア・ポコ
(2011/11/25)
Windows

商品詳細を見る

Designed by yukihirotsutsumi (template: pink2cL)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © イオン All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。