すみれ色の鈴

ゲームやアニメやエロゲの感想をテキトーに書いていきます。

 次のページ »

スポンサーサイト

-- --/--
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「きっと、澄みわたる朝色よりも、」クリア感想

2013 09/01
エロゲ
2009年7月24日にpropellerから発売された「きっと、澄みわたる朝色よりも、」の感想です。
略称「きっすみ」、通称は「エロイッカイダケ」とも呼ばれていますね。
私はこの作品のシナリオライターである朱門優さんが好きなのですが、今作もその期待を裏切らない出来だったと思います。
複数のヒロインを攻略できると思っていたエロゲーマーの期待は見事に裏切ったようですが……w

propeller『きっと、澄みわたる朝色よりも、』応援バナーキャンペーン

このゲームは一言で表すと「ひよゲー」です。
前述の通りこのゲームは一人のヒロインしか攻略できない、Hシーンが一回しかないのですが、そのヒロインにあたるのが「与神ひよ」です。
彼女と主人公との絆というか、このゲームでいうところの「優しさ」が物語の主な要素になっています。
ひよは多分エロゲ界でも1、2を争うくらいの献身的なヒロインです。
その献身は主人公に対しても他の仲間に対しても分け隔てなく、まさに良ヒロインの鑑でした。

ちなみにひよの声優は「青山ゆかり」さんです。
いつもの明るいヒロインとはまた違った声色で演じてらっしゃいます。意外と合ってました。
このゲームは青山ゆかりゲーの一つといってもいいかもしれません。

この話の中で主人公は時に挫けたり絶望したりするのですが、そんな時にひよや「四君子」の一員である春告、アララギの優しさに救われ立ち上がっていきます。
本当に優しすぎるほどの物語でした。
特に不快と思うキャラもいなかったので、心地よくプレイすることができました。

あとは、演出と音楽の素晴らしさが際立っていましたね。
紅葉が舞うシーンとかタイトル画面の演出とか、非常に視覚に訴えかけるものがありました。
秋の美しさを表現できていたと思います。
音楽はBGMもそうですが、主題歌が最高でした。
WHITE-LIPSの「紅葉」。良い曲です。

久しぶりにエロゲをクリアしましたが、感動的で綺麗な作品でした。
若干、内容が分かりにくいところもありましたが、同シナリオライターの「いつか、届く、あの空に。」よりは分かりやすかったと思います。
あれ、今でもちゃんと理解できてませんからね……。
話の終わり方も良かったし、「エロイッカイダケ」で敬遠するには惜しい作品だと思います。
気になった方は是非プレイしてほしいです。
スポンサーサイト

あえて無視するボクの積みゲー

2012 11/15
エロゲ
最近ダークソウルばっかりやってるイオンです。
さて、今回は年に1度の恒例行事(?)である積みゲーの確認をしたいと思います。
積みゲーを書き連ねることで崩す意識を高められたらいいなーとか思ってます。
まあ無理ですけど。

では、決して無視してはいけない私の積みゲーをご紹介します。
ちなみに前回までの積みゲー状況はこちら→http://ionmainasu.blog104.fc2.com/blog-entry-103.html


【前回積んでて進んだゲーム】

・るいは智を呼ぶ
るい√だけクリアしました。今は花鶏√の途中です。

・グリザイアの果実
天音・蒔菜・由美子√クリア。
ちるちる√の途中で積んでますねー。


【前回積んでて何も進んでないゲーム

・ぶらばん!
妙・みなせ√だけクリアしてます。

・Flyable Heart
共通√で止まってます。

・your diary
なんか日常会話が面白くなくて、共通√で積んでます。

・11eyes
うゆ√だけクリアしてます。

・カタハネ
共通√で積んでます。

・闘神都市3
前のPCではスペックが足りなくて、断念したまま止まってます。

・ユメミルクスリ
最初ちょっとプレイしただけです。

・朱-aka-
これの前作である銀色があまり合わなかったのでその影響で未開封。

・キサラギGOLD★STAR
発売日に買ったけど未だに開封していないです……。


【新たに積んだゲーム】

・きっと、澄みわたる朝色よりも、
なんかタイトル画面が変わるところまでは進んでます。「さあ、枯れろ――」。

・朝凪のアクアノーツ
人魚がうざくて積んでます!

・ぐらタン
うーん、なんかあんまり面白くなくて積んでますね。
これをクリアすればコットンソフトの作品はコンプリートなんですが……。

・ものべの
体験版部分が終わる辺りまでは進んでます。

・七つのふしぎが終わるとき
インストールしただけ。何れプレイするつもりですが。

・紅蓮華
これもインストールしただけですね。


はい。結局積みゲー何も崩せてなかったですね。
まあ、ポケモンと新作エロゲとダークソウルばっかりやってたので進むわけないですね。
でも最近お金ないし新作をあまり買わないと思うんで、積みゲー崩しに専念していきたいところです。

とか言いつつ前の更新で「キミへ贈る、ソラの花」買う宣言してる私はいったい……。

「古色迷宮輪舞曲 ~HISTOIRE DE DESTIN~」クリア感想

2012 08/04
エロゲ
最近、エロゲ熱が高まっているイオンです。
Yatagarasuから2012年7月27日に発売された「古色迷宮輪舞曲 ~HISTOIRE DE DESTIN~」をクリアしました。
当初の予想よりは明らかに面白かったです。
正直、地雷に特攻するつもりで買いましたしねw
ただ、私の理解力が足りないのか、はたまたシナリオが難しすぎるのかは分かりませんが、どうも疑問が残る作品でした。
個人的にはこの前にプレイした「終わる世界とバースデイ」の方がシナリオの整合性が取れてて面白かった気がしますね。

話の内容としてはループ物です。
主人公が1週間後の死を回避するたびに、悪戦苦闘するお話です。
このどっかで見たような設定ですが、それをありきたりな展開で終わらせなかったのは素晴らしかったとは思います。
中盤の展開が面白いというのも、中だるみせずプレイできた要因でした。
しかし、終盤はちょっとよく分からないというか、この作品の設定においては物語が収束しているように感じられるのですが、少しご都合主義な感じがしたかなと思います。
なんかこうオチをつけるために無理やりこの設定を取り付けました的な感じがあって、解せなかったです。
まあ、話としてもエロゲ、というよりはノベルゲーという感じでした。
恋愛要素はかなり希薄ですしね。
あとはCGの質がバラバラだったのは気になりましたね。
複数原画なので仕方ないとは思いますけど。

えーっと、全体的には面白くないわけではないです。
世間の評判的にもいいですし、今月の、いや今年の上位には入る作品でしょう。
ですが、個人的には最近シナリオゲーに偏っていたせいか、こういうお話は食傷気味でした。
シナリオゲーに飢えている人、また少々の難易度なら許せる人は買ってみてはいかがでしょうか。
そうそう、こういうゲーム性があるノベルゲーでよく言われる「ゲーム部分いらなかったんじゃね?」っていうのはなかったです。
むしろ、ゲーム部分が必要なゲームだったと思います。
ここはやってみないと分からないでしょうけど。

それと、この作品は一応メインのルートはクリアしたんですが、CG回収が終わってないんでとりあえずそれは終わらせようかなと思ってます。
終わらせたら次は普通の萌えゲーをしたいですね、なんとなく。


古色迷宮輪舞曲~HISTOIRE DE DESTIN~古色迷宮輪舞曲~HISTOIRE DE DESTIN~
(2012/07/27)
Windows

商品詳細を見る

「終わる世界とバースデイ」クリア感想

2012 07/29
エロゲ
コットンソフトから2012年7月27日に発売された「終わる世界とバースデイ」をクリアしました。
今作はコットンソフトの6作目、偶数番目の作品ということで、レコンキスタ、アンバークォーツに続くシリアスゲーとなっています。
前作「ぐらタン」から2年ほど空いての作品だったので、コットンソフトを応援してる身としては非常に楽しみとしていました。

内容としては、終末を予言された世界で主人公たちがどのように最後の日まで生き抜いたかが主軸となっています。
俗に言う、「セカイ系」というジャンルですね。
この作品内では、物語は9月3日から始まり、予言されている終末の日「9月29日」までが基本的には描かれています。
世界の終末が確定している話ということでどうまとめるのかと思いましたが……。
まあ、シナリオの細かい部分は後に語るとしましょう。


話は変わって、今作品のヒロインの紹介。
今回攻略できるヒロインは4人です。

千ヶ崎 入莉(ちがさき いり)CV:みる
2年前に死んだ主人公の親友(千ヶ崎陶也)の妹。
生まれつきの弱視でほとんど目が見えません。
兄をバイク事故で失ったショックで主人公を兄だと思い込むようになります。
メインヒロインということで重要なキャラなのは言わずもがな。

夏越 大天使(なごし みかえる)CV:森谷実園
主人公が予備校で出会った同学年の女の子。
DQNネームである自分の名前が嫌で、人前では「ミカ」と名乗っています。
性格は小心者で、ツンデレになりきれないツンデレ。
世界が終わるという噂に割と本気で怯えているようです。

藤白 柊(ふじしろ ひらぎ)CV:桐谷華
主人公のクラスメイトだが、留年してるため一つ年上。
ラノベオタクであり、教室の中でも自分の席でずっと読んでいます。
世界が終わるという噂については完全否定派の現実主義。
どうでもいいですが声優は最近人気の桐谷華さんです。

諏訪 成子(すわ なるこ)CV:青山ゆかり
主人公がtexi(SNSのようなもの)で出会ったネット上の友人。
その正体は主人公たちが住んでいる部屋の上の階に住んでいる引きこもりでニートな2○歳の女の子()です。
実はこの人もなかなかシナリオ上で重要なキャラであったりします。
体験版では不遇キャラじゃないかと思ってたけど良かったね!

ヒロインの4人を見てみると、上手く役割が分かれているなと思います。
メインヒロインであり重要なファクターである入莉、世界終了の予言を信じきっているミカ、世界終了を完全否定している柊、中立の立場とっている成子。
それぞれの立場でその意思に基づいた行動をしてくれるので、キャラが生きているなと感じました。


ここでネタバレ……に移る前に、私のこの作品の評価について先に語っておきましょう。
結論としては、面白かったです。
シナリオはご都合主義だと思われる場面はあまりなく、複数ライターだったわりにしっかりとまとまっていたなと思います。
特に終盤の畳み掛けるような展開はさすがウナトミーといった感じです。
キャラは入莉とミカが若干うざいなと思うところもあったんですが、許容範囲内でしょうか。
そして、最初は柊が一番好きだったんだけど、最終的に成子さんが一番好きになってしまった。
青山ゆかりなのに。
あと、多少ネタバレになりますけど織塚とのHシーンが一応あります。
織塚派の人は良かったですね。

シリアスな展開が多く、時にはグロい展開もある作品なのでプレイする人は注意しましょう。
その辺が許せる人にはオススメしたい作品です。
コットンソフトの中では一番オススメできるかもしれない。


さて、ここから先はネタバレを含んでいます。
また、同時に少し攻略情報も載せています。
それでもいいよって方は下のリンクで飛んでください。


では――。


この世界がいかにして終わりを迎えたのか、
その経緯を伝えようと思う。





続きを読む

「はるまで、くるる。」クリア感想

2012 05/14
エロゲ
を書こうと思ったんだけど、私の文章力だとみなさんに伝えられません。

なんかよく分からなかったけど、読後感が良かったです。

面白かったので、みなさん是非プレイしてみてください(投げやり)



すみっこソフト『はるまで、くるる。』応援中!

コットンソフト新作「終わる世界とバースデイ」サイト公開!

2012 03/20
エロゲ
朝見たらサイトが公開されてたのでブログ更新。
3月19日にはサイト公開するって言ってたけど結局3月20日に公開してるじゃん!……っていうのはまあいいや。

コットンソフトのサイトはこちら→http://cotton-soft.com/

シナリオを見てるとやはりシリアスっぽいですね。
世界が終わる系の話は設定としてはありがちですが、世界終了のバッドエンドが確定してる話は珍しいかな?
ウナトミーがどんな作品に仕上げてくるのか非常に楽しみです。

ヒロインはなんというかキャラが濃いですねww
メインヒロインは主人公を兄と思い込んでるし、フリーザ様もいるし、年増もいるし。
特に大天使(ミカエル)って……なんというDQNネーム。
でも、ヒロインのキャラは全員好きなタイプかも。
あとは声優さんが気になるところ。

もう最近はものべのとこの終わる世界とバースデイがエロゲをやるモチベになってるので、発売が待ち遠しいです。
2012年初夏発売予定ってことは6月か7月だと思うんで、それまでには就活終わらせたいなっ!

【ナギサの】冬だからこその夏ゲー【クリア感想】

2012 02/07
エロゲ
2007年12月14日にコットンソフトから発売の「ナギサの ~Around The Seaside~」のクリア感想です。
冬にアイス食べるみたいに冬に夏ゲーやるのもオツだよね、って感じでプレイ。
地味にゲームが発売されたのも冬なんですよね、これ。

内容的にはコットンの過去作である「ナツメグ」をちょっと設定変えた感じで新鮮味がありませんでした。
一人一人の個別ルートがそこそこ長くなっててそこは良いと思うんですが、いかんせんシナリオがなあ……。
特に千果ルートは読んでいくにつれて唐突に変な設定が浮き彫りになっていく感じが明らかに木緒なちシナリオだと分かりましたw
なちさんは感動させようとしてるのが見え見えすぎてあんまり好きではないかも。
ウナトミーは好きなんですけど、この人はシリアスの方が似合ってる気がします。レコンキスタとかね。

キャラは千果が一番好きなんだけどシナリオでちょっと萎えちゃったかな。
後のキャラは悪くはないけどあんまりパッとしなかったです。
さとみちゃんは攻略できなくて残念でした。

コットンは最初にやったレコンキスタが好きすぎて贔屓にしてるんですけど、他のゲームをやるごとに評価が下がっていってますw
ちなみにあとやってないのは「ぐらタン」だけですね。
これもいつかできたらいいな。
あと、新作「終わる世界とバースデイ(仮)」が出るらしいので楽しみにしてたりします。


ナギサの 初回版ナギサの 初回版
(2007/12/14)
Windows

商品詳細を見る

最初から結末が見えてる系鬱ゲーをクリア

2012 01/21
エロゲ
スマイル戦機から2011年11月18日に発売された「誰が殺したコマドリを CSA版」をクリアしました。
ジャンルとしては百合NTRもの。そして、鬱ゲーでございます。

無口な女の子「小鳥」とその小鳥と付き合うこととなる養護教諭の「蘭」と、小鳥のことが好きなマジキチストーカー「カケル」の三つの視点からなる物語です。
最初のOPで結末を意図的にネタバレしてるんですけど、本当に救いのない終わり方でワロタ。
小鳥ルートで幸せな終わり方を見せて、あとの2つのルートで心を砕きにくるのでなかなかきつかったですね。
まあ3ルートあるって言っても話自体は1本道ですが。
ちなみにタイトルの元ネタは外国の童謡の「クックロビン」。
このタイトルは偽りなし、って感じ。

鬱な終わり方だったんですけど意外と楽しめました。まあ鬱ゲーそんなに嫌いじゃないし。
もちろんハッピーエンドの方がいいけどね。
話は短いですけど価格はロープライスなんで別にそこはよかったかな。
あとは茶太さんが歌う主題歌の「鳥のユメ」はかなりいい曲ですね。フル欲しい。

次は何しようかな?積んでるやつ崩そうかな?
きっすみは長すぎて積みかけ。

そういえばアクアノーツ……は後々買うか……。


誰が殺したコマドリを誰が殺したコマドリを
(2011/11/18)
Windows

商品詳細を見る

「制服天使」クリア感想

2012 01/07
エロゲ
新年1発目のエロゲ感想ということで、今回は2011年12月22日にSherbetSoftから発売された「制服天使」の感想です。
私にしては珍しく早くクリアできました。
というか作品が10時間で終わるくらいの短いロープライス(3000円ぐらい)の作品だったからってだけなんですけど。

この作品は可愛い絵に惹かれて購入したわけなんですが、どうも内容的には微妙でした。
いろいろと気になる点があったりしたのでその辺をネタバレを交えて書いていきたいと思います。

続きを読む

「神聖にして侵すべからず」クリア感想

2011 12/10
エロゲ
PULLTOPから2011年10月28日発売の「神聖にして侵すべからず」の感想です。
初PULLTOPでしたー。作品としては普通すぎてなんとも感想が出てこないw

とりあえず瑠波ルートだけはメインヒロインだけあってちゃんと作ってあったなと思いますが、他のルートはシナリオゲーにも萌えゲーにもなりきれてなくて「微妙」の一言。
シナリオに盛り上がりがなく平坦だったのが残念でした。
あと各ルートクリア後のアフターの意味はあったのか・・・・・・?
ヒロインは特に好きなヒロインはいないんですが夏野こおり補正で澪里が良かったかな。

PULLTOP作品は安定してると聞いていて、確かに安定はしてたんですが突出したものがなかったかなと。
やっぱり、かにしのとかしろくま辺りが面白いのかなあ?
機会があったらその辺りの作品も買ってみたいです。

神聖にして侵すべからず神聖にして侵すべからず
(2011/10/28)
Windows

商品詳細を見る

Designed by yukihirotsutsumi (template: pink2cL)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © イオン All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。