すみれ色の鈴

ゲームやアニメやエロゲの感想をテキトーに書いていきます。

スポンサーサイト

-- --/--
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現在の状況&今後の予定(この記事は必ず一番上に来ます)

2030 01/01
未分類
<状況>
アニメ:

ゲーム:

エロゲ:


<応援中♪>

あま*カル合同バナーキャンペーン開催中!

『ココロ@ファンクション!』


すみっこソフト『なつくもゆるる』応援中!


Cabbit 第二弾!「キミへ贈る、ソラの花」応援中!

スポンサーサイト

「きっと、澄みわたる朝色よりも、」クリア感想

2013 09/01
エロゲ
2009年7月24日にpropellerから発売された「きっと、澄みわたる朝色よりも、」の感想です。
略称「きっすみ」、通称は「エロイッカイダケ」とも呼ばれていますね。
私はこの作品のシナリオライターである朱門優さんが好きなのですが、今作もその期待を裏切らない出来だったと思います。
複数のヒロインを攻略できると思っていたエロゲーマーの期待は見事に裏切ったようですが……w

propeller『きっと、澄みわたる朝色よりも、』応援バナーキャンペーン

このゲームは一言で表すと「ひよゲー」です。
前述の通りこのゲームは一人のヒロインしか攻略できない、Hシーンが一回しかないのですが、そのヒロインにあたるのが「与神ひよ」です。
彼女と主人公との絆というか、このゲームでいうところの「優しさ」が物語の主な要素になっています。
ひよは多分エロゲ界でも1、2を争うくらいの献身的なヒロインです。
その献身は主人公に対しても他の仲間に対しても分け隔てなく、まさに良ヒロインの鑑でした。

ちなみにひよの声優は「青山ゆかり」さんです。
いつもの明るいヒロインとはまた違った声色で演じてらっしゃいます。意外と合ってました。
このゲームは青山ゆかりゲーの一つといってもいいかもしれません。

この話の中で主人公は時に挫けたり絶望したりするのですが、そんな時にひよや「四君子」の一員である春告、アララギの優しさに救われ立ち上がっていきます。
本当に優しすぎるほどの物語でした。
特に不快と思うキャラもいなかったので、心地よくプレイすることができました。

あとは、演出と音楽の素晴らしさが際立っていましたね。
紅葉が舞うシーンとかタイトル画面の演出とか、非常に視覚に訴えかけるものがありました。
秋の美しさを表現できていたと思います。
音楽はBGMもそうですが、主題歌が最高でした。
WHITE-LIPSの「紅葉」。良い曲です。

久しぶりにエロゲをクリアしましたが、感動的で綺麗な作品でした。
若干、内容が分かりにくいところもありましたが、同シナリオライターの「いつか、届く、あの空に。」よりは分かりやすかったと思います。
あれ、今でもちゃんと理解できてませんからね……。
話の終わり方も良かったし、「エロイッカイダケ」で敬遠するには惜しい作品だと思います。
気になった方は是非プレイしてほしいです。

「引きこもりと女子中学生」「彼と彼女と彼女の忠義」をクリア

2013 08/31
ゲーム
フリーのノベルゲーを2本クリアしました。

「引きこもりと女子中学生」はとある事件から人間恐怖症になった主人公が、一人の女子中学生と触れ合うことによって構成されていくお話です。
話自体はいい話なのですが、いかんせん短編ノベルということで展開が駆け足気味だったのが残念でした。
もう少し長く主人公が変わる過程を描写しても良かったと思います。

「彼と彼女と彼女の忠義」はある日突然、主人公の下に女の子の姿をした猫がやってきて共同生活するというお話でした。
これもまた短い話でしたがテンポが小気味よく読みやすかったです。
そして、最後は……こういうオチになるとは思いませんでしたw
暇つぶしのノベルゲーとしては十分楽しめました。

たまにはこういうフリーゲームもいいですね。
これからも色々やっていこうと思います。

最近やってるブラウザゲーム

2013 08/18
ゲーム
どうもお久しぶりです。イオンです。
最近、艦これが流行ってますが、私も例に漏れずプレイしています。
今までブラウザゲームはほとんどやったことなかったんですが、このゲームはハマってます。
しかしまだ1-4から進んでないです。
ただ最近再び一人暮らし生活に入り、家族の前で艦これできない状況もなくなったので、進められると思います。

あと、昨日からLord of Walkure始めました。
これも艦これと同じDMM.comのゲームなのですが、はっきり言ってエロゲです。
カードが進化していくと女の子のエロCGが見られるのでそれを励みにゲームを進めています。
まあエロゲ的なやつも上記の理由でできるようになったので、Lord of Walkureも積んでるエロゲもぼちぼちやっていこうかなと思います。

ブログの方も更新再開していきますのでよろしくお願いします。

引っ越しします

2013 03/25
未分類
正確には実家に帰ります。
実家はネットが繋がってないため、ブログの更新やskypeはほとんどしないと思います。
twitterは続けます。
まあ、今までとあまり変わらない出没頻度だと思いますが。
何かありましたらtwitterに連絡をよろしくお願いします。

「dark souls with artorias of the abyss edition」をとりあえずクリア

2013 01/08
ゲーム
dark souls withなんとかかんとかをクリアしました。
友達に勧められて買ったゲームなのですが、予想以上に高難易度でかなり苦戦しました。
なので、発売日に買ったのにクリアするのにここまで時間かかっちゃいました。

全体的に苦労しましたが、一番きつかったのはセンの古城ですね。
敵が強いのもそうですが、ステージに足場の狭い箇所が多くて、かなりの数の落下死をしました。
とにかく面倒で、最初は篝火の位置も分かってなかったので、ボスまで辿り着いては死んでまた入口からを繰り返していましたw
ボスは結局普通に倒さず落として倒しましたねー。
他のステージできつかったのは病み村と巨人墓地ですね。
病み村の方は急に敵が強くなったように感じました。
巨人墓地はいちいちランタンに持ち替えるの面倒だったし、四足のスケルトンが強かったのもあって結構死にました。

あとボス単体で見たときに苦労したのは鐘のガーゴイルと四人の公王でした。
鐘のガーゴイルの時はゲームに慣れてなかったのが大きいと思いますが、四人の公王の方は時間経過でどんどん現れてきてボコボコにされてました。
結局、最後は武器を最大まで鍛えてハベル装備で固めて魔法方石の指輪を装備してごり押しで倒しました。

このゲーム、普段ヌルゲーばかりやってる自分には難しかったのですが、非常に楽しかったです。
最初にかなり死にまくったのですが、それでも諦めずにクリアできたのは一つクリアしたときの達成感が大きかったからだと思います。
これからはトロフィーコンプを目指して頑張りたいと思います。
トロフィーは半分ぐらいしかコンプリートしていないので……。
それとウーラシールの方も攻略してないので、そっちも頑張ってクリアしたいと思います。


DARK SOULS with ARTORIAS OF THE ABYSS EDITION (数量限定特典 DARK SOULS THE COMPLETE GUIDE Prologue + DARK SOULS Special Map & Original Soundtrack同梱)DARK SOULS with ARTORIAS OF THE ABYSS EDITION (数量限定特典 DARK SOULS THE COMPLETE GUIDE Prologue + DARK SOULS Special Map & Original Soundtrack同梱)
(2012/10/25)
PlayStation 3

商品詳細を見る

アニメ「えびてん」見終わったった

2012 12/22
アニメ
えびてん見終わりました。
最初はあんまり面白くなかったですが、だんだん面白くなってきて、結局最後まで見てしまいました。

内容は基本的にパロネタが多かったですね。
OP前のところとかEDで声優が往年のアニメソングをカバーしてたりとかもありましたし。
最初の方はノリについていけなかったので本当につまんなかったですが、泉子ちゃんが出てきた辺りから個人的には面白くなりましたね。
っていうか泉子がキャラとしては一番好きでした。
だからこそ最後は「野矢ああああああああああ!!!」って感じになりましたが。

いつの間にかラブストーリーになってたのは本当に謎です。

これ原作はエロゲで有名なすかぢさんが脚本で漫画として書いてるんですが、原作とは結構違うんですかね?
なんかアニメはなんとか着地した感じで終わってますけど、漫画は完結してないし、
だいぶ内容変えてるんじゃないかと勝手に思っています。

えーっと、なんだかんだで今期のアニメで一番早く見終わりました。
他のアニメは積みまくってますが、これは順調に見てましたね。何故か。
まあ話は賛否両論あると思いますが、作画良かったし個人的にはなかなか好きでしたよ。
パンツもいっぱい出てくるしね!


えびてん 公立海老栖川高校天悶部 Blu-ray 第1巻えびてん 公立海老栖川高校天悶部 Blu-ray 第1巻
(2012/11/30)
野矢いつき:伊瀬茉莉也、戸田山響子:阿澄佳奈 他

商品詳細を見る


「プリズム◇リコレクション!」体験版感想

2012 11/17
エロゲ体験版
2012年12月21日にクロシェットから発売予定の「プリズム◇リコレクション!」の体験版の感想です。
別名「おっぱい◇リコレクション!」とも言います。
ここのおっぱいはどこまで進化し続けるんでしょうか?
それはともかく、体験版の感想の方へいきます。

体験版をプレイしてみてまず思ったのは、紛うこと無く萌えゲーだということです。
設定がややこしかったりとか、シリアスな雰囲気が作品全体を包んでるとかそういうことはなく、
ただただキャラ同士の掛け合いを楽しむ……そんな作品になっています。
体験版の部分は主人公とメインヒロインやその他キャラクターとの出会いが描かれており、
主人公が☆☆☆部(ほしみっつぶ)という観光案内の部活に入るまでの経緯が分かります。
ここまででは特に主人公の周りで問題が起こってはいないので、本当に日常会話を楽しむだけといった感じでした。
とはいえ、退屈というわけではなく、キャラの可愛さを存分に引き出しているので、そういう意味で「萌えゲー」であるのは確かですね。
ただ、1シーンに対する尺が長すぎて退屈であった場面もありましたが。

えー、次にヒロインに関してですが……ぶっちゃけ全員可愛いですね。
まず、声優さんが素晴らしいラインナップなので、演技に関しては非の打ちどころがないですし、
ヒロイン一人一人のキャラも立ってて良いんではないでしょうか。
その中でも一人選ぶとしたらアイナですかねえ。
銀髪、白髪キャラに外れはないという持論があるんで。
いやでも本当に甲乙付け難いんですよねー。
このかも紗耶香も雛乃もそれぞれ魅力あって可愛いんですよ。
体験版やってない人は是非やっていただいて、この気持ちを分かって頂きたいです。

まあ、キャラについては文句は無いですし、会話シーンも聞いてて楽しいので良いと思います。
後は個別√に入って変なシリアスがなかったらいいなとは思いますが。
12月は「キミへ贈る、ソラの花」を買いますし金があるか分からんのですが、とりあえず買う候補には入れておこうと思います。
最近のクロシェット作品買ってませんしね。

【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中!


あえて無視するボクの積みゲー

2012 11/15
エロゲ
最近ダークソウルばっかりやってるイオンです。
さて、今回は年に1度の恒例行事(?)である積みゲーの確認をしたいと思います。
積みゲーを書き連ねることで崩す意識を高められたらいいなーとか思ってます。
まあ無理ですけど。

では、決して無視してはいけない私の積みゲーをご紹介します。
ちなみに前回までの積みゲー状況はこちら→http://ionmainasu.blog104.fc2.com/blog-entry-103.html


【前回積んでて進んだゲーム】

・るいは智を呼ぶ
るい√だけクリアしました。今は花鶏√の途中です。

・グリザイアの果実
天音・蒔菜・由美子√クリア。
ちるちる√の途中で積んでますねー。


【前回積んでて何も進んでないゲーム

・ぶらばん!
妙・みなせ√だけクリアしてます。

・Flyable Heart
共通√で止まってます。

・your diary
なんか日常会話が面白くなくて、共通√で積んでます。

・11eyes
うゆ√だけクリアしてます。

・カタハネ
共通√で積んでます。

・闘神都市3
前のPCではスペックが足りなくて、断念したまま止まってます。

・ユメミルクスリ
最初ちょっとプレイしただけです。

・朱-aka-
これの前作である銀色があまり合わなかったのでその影響で未開封。

・キサラギGOLD★STAR
発売日に買ったけど未だに開封していないです……。


【新たに積んだゲーム】

・きっと、澄みわたる朝色よりも、
なんかタイトル画面が変わるところまでは進んでます。「さあ、枯れろ――」。

・朝凪のアクアノーツ
人魚がうざくて積んでます!

・ぐらタン
うーん、なんかあんまり面白くなくて積んでますね。
これをクリアすればコットンソフトの作品はコンプリートなんですが……。

・ものべの
体験版部分が終わる辺りまでは進んでます。

・七つのふしぎが終わるとき
インストールしただけ。何れプレイするつもりですが。

・紅蓮華
これもインストールしただけですね。


はい。結局積みゲー何も崩せてなかったですね。
まあ、ポケモンと新作エロゲとダークソウルばっかりやってたので進むわけないですね。
でも最近お金ないし新作をあまり買わないと思うんで、積みゲー崩しに専念していきたいところです。

とか言いつつ前の更新で「キミへ贈る、ソラの花」買う宣言してる私はいったい……。

「キミへ贈る、ソラの花」体験版感想

2012 11/15
エロゲ体験版
2012年12月21日にCabbitから発売予定の「キミへ贈る、ソラの花」の体験版感想です。
ここは前作の翠の海が良作であったので、非常にこの作品には期待していました。
そして、体験版がダウンロード可能になったということで、さっそくプレイしました。

さて、このお話は主人公、中條柊哉(なかじょうしゅうや)が街であった幽霊、東瀬(あずせ)まつりに誘われて、
人間と幽霊の共存を目指した学園である「私立蘇芳学園」に入学するところから始まります。
そこで生活していく中で、人間と幽霊が共存していくにはどうしたらいいかを、色々な考えを持った者たちと触れ合う中で考えていく物語です。

通常の学園物に「幽霊と学園生活を共にする」というアクセントを加えた感じです。
基本の軸はあくまで『学園物』なので、前作のようなシリアスの成分は薄れていますね。
もちろん、個別ルートに入っていくにしたがって何かしらの問題が起こり、シリアスの度合いが高まる可能性はあります。
しかし、前作で見られた次に何が起こるか分からないというサスペンス的なワクワク感は期待できなさそうです。

シナリオとしても体験版の部分だけ見ればいまいちインパクトがありません。
というか、一日に対するイベントが少なすぎてすごくあっさり話が進んでいってる感じがしました。
あと、キャラ同士の会話がそこまで面白いわけではないというのもあるとは思います。
全体的に平坦で、そう意味でインパクトがないと思います。
まだ導入部なので、実際この先どうなるかは分からないわけですが、
それにしても購買意欲を掻きたてるにはいささか弱いシナリオだと思いました。
それと気になったのは絵、ですかね。
いや、さすがに目デカすぎじゃね?っていう。
慣れてくるとそんなこともないような気がしてきますが、やっぱり他の方の絵と比べると目が大きいですよね。

ともあれ、奏菜ちゃんが可愛いので買います。
天然でほわほわした感じがしながらも実はしっかりしてる。そして、巨乳。
完全にどストライクなヒロインでした。
思わず『奏菜』を読み方「かんな」で辞書登録したぐらい好きです。

やっぱり、可愛いは正義ですね!


Cabbit 第二弾!「キミへ贈る、ソラの花」応援中!

Designed by yukihirotsutsumi (template: pink2cL)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © イオン All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。